まさ工房

ExcelVBAとAcessDBを利用した業務支援ツールを作成する工房です

【Excelマクロ・VBA】VBAでのコメント(コメントアウト)の書き方について教えて!

       f:id:m_kbou:20190518111344p:plain

VBAを記述する中で、コメントを追記したいケースがあります。適切なコメントを付ける事で、記述されているプログラムの内容を理解する手助けとなります。また、コメントされた記述については、プログラム実行時には無視されるため、実行したくないロジックを一時的にコメント化する方法でも使用できます。

 

【目次】

 

構文

コメントについては、以下の様に記述します。

=============================================================================

[’]コメント内容]

=============================================================================

[説明]:

[コメント内容]にはコメントしたい内容を記述します。また、その内容の先頭に[’](シングルクォーテーション)を付ける事で、対象の行はコメント行となります。

 

記述方法

以下にコメント文の記述方法について、具体的に説明します。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[記述例①]:

-------------------------------------------------

Sub サンプル()
   
    Dim 行 As Double
   
    '↓処理①
    行 = 0
    MsgBox 行
   
    '↓処理②
    行 = 行 + 100
    MsgBox 行
   
End Sub

-------------------------------------------------

※今回の例では、「'↓処理①」「'↓処理②」の緑部分がコメント文となります。この状態で処理を実行した場合、処理①のMsgBoxでは、変数:行に0がセットされているため「0」が表示され、処理②のMsgBoxでは、処理①の変数:行(0)に100を足し算しているため、0+100=100となり「100」が表示されます。

[実行例①]:

・処理①のMsgBoxでの表示結果は「0」となります。

 f:id:m_kbou:20190518110843p:plain

・処理②のMsgBoxでの表示結果は「100」となります。

 f:id:m_kbou:20190518111326p:plain

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[記述例②]:

-------------------------------------------------

Sub サンプル()
   
    Dim 行 As Double
   
    '↓処理①
    行 = 0
    MsgBox 行
   
    '↓処理②
    '行 = 行 + 100
    MsgBox 行
   
End Sub

-------------------------------------------------

※今回の例では、[記述例①]の「'↓処理①」「'↓処理②」のコメント文以外に「'行 = 行 + 100」もコメント文としました。この状態で処理を実行した場合、処理①のMsgBoxでは、変数:行に0がセットされているため「0」が表示され、処理②のMsgBoxでは、「'行 = 行 + 100」がコメント文により処理が実行されないため、処理①の変数:行の値がそのまま表示され「0」が表示されます。

[実行例②]:

・処理①のMsgBoxでの表示結果は「0」となります。

f:id:m_kbou:20190518110843p:plain 

・処理②のMsgBoxでの表示結果は「0」となります。

f:id:m_kbou:20190518110843p:plain

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

おわりに

コメントを適時に使用すると、プログラムを読み返した際、記述内容を思い出しやすくなるのと同時に、第三者が見たときに内容が理解しやすくなります。是非有効に活用して下さい。