まさ工房

ExcelVBAとAcessDBを利用した業務支援ツールを作成する工房です

【Excel関数】COUNT関数・COUNTA関数の使い方がわからない。教えて!

       f:id:m_kbou:20190531125724p:plainCOUNT関係の関数には、COUNT関数・COUNTA関数の2種類の関数があります。それぞれの使い方について説明します。

 

【目次】

 

構文

各関数の構文は、以下の様に書きます。 

 (1)COUNT関数の記述方法

=======================================================================

=COUNT([セル範囲]

=======================================================================

[説明]:

COUNT関数は、指定したセル範囲の中で、数値が入力されているセルの個数を返します。関数を記述する場合は、最初に「=」(イコール)を記述します。[セル範囲]には対象とするセルの範囲を記述します。内容を纏めると、「[セル範囲]で指定したセルの範囲の中に、数値が入力されているセルが幾つあるか教えて下さい。」との意味になります。

 

(2)COUNTA関数の記述方法

=============================================================================

=COUNTA([セル範囲]

=============================================================================

[説明]:

COUNTA関数は、指定したセル範囲の中で、空白以外セルの個数を返します。関数を記述する場合は、最初に「=」(イコール)を記述します。[セル範囲]には対象とするセルの範囲を記述します。内容を纏めると、「[セル範囲]で指定したセルの範囲の中に、空白以外セルが幾つあるか教えて下さい。」との意味になります。

 

使い方

使い方について、具体的に説明します。

COUNT関数の使い方

COUNT関数の使い方について説明します。

【例題】:以下の表を元にCOUNT関数を記述して、数値が入力されているセルの個数を表示します。

f:id:m_kbou:20190531120603p:plain

(1)B7セルにCOUNT関数を入力するため、B7セルをダブルクリックします。
※セルをダブルクリックするとカーソルが点滅します。 

f:id:m_kbou:20190531134217p:plain

(2)今回はB2セル~B6セルで、数値が入力されているセルの個数を数える為、B7セルに『=COUNT(B2:B6)』を入力します。
入力後に<Enter>キーを押下します。

f:id:m_kbou:20190531134243p:plain

[入力した数式の詳細内容]:

=COUNT(B2:B6)

※今回入力したCOUNT関数について説明します。今回はB2セル~B6セルとなるため、「B2:B6」を記述しました。よって、今回入力したCOUNT関数は、「B2セル~B6セルで、数値が入力されているセルの個数をB7セルに表示して下さい。」との意味になります。

(3)結果の「3」がB7セルに表示されました。

f:id:m_kbou:20190531134313p:plain

 COUNT関数の使い方についての説明は以上となります。

 

COUNTA関数の使い方

次に、COUNTA関数の使い方について説明します。

【例題】:以下の表を元にCOUNTA関数を記述して、空白以外セルの個数を表示します。

f:id:m_kbou:20190531120603p:plain

(1)B7セルにCOUNTA関数を入力するため、B7セルをダブルクリックします。
※セルをダブルクリックするとカーソルが点滅します。 

f:id:m_kbou:20190531134217p:plain

(2)今回はB2セル~B6セルで、空白以外が入力されているセルの個数を数える為、B7セルに『=COUNTA(B2:B6)』を入力します。
入力後に<Enter>キーを押下します。

f:id:m_kbou:20190531134259p:plain

[入力した数式の詳細内容]:

=COUNTA(B2:B6)

※今回入力したCOUNTA関数について説明します。今回はB2セル~B6セルとなるため、「B2:B6」を記述しました。よって、今回入力したCOUNTA関数は、「B2セル~B6セルで、空白以外が入力されているセルの個数をB7セルに表示して下さい。」との意味になります。

(3)結果の「5」がB7セルに表示されました。

f:id:m_kbou:20190531134328p:plain

 COUNTA関数の使い方についての説明は以上となります。

 

おわりに

今回は、COUNT関数・COUNTA関数の使い方について説明しました。COUNT関数は、数値が入力されているセルの個数、COUNTA関数は、空白以外のセルの個数となります。ややこしいですが、十分理解してもらい目的により使い分けをお願いします。