まさ工房

ExcelVBAとAcessDBを利用した業務支援ツールを作成する工房です

【Excel関数】文字列の末尾から指定した文字数を抽出するRIGHT関数の使い方を教えて!

       f:id:m_kbou:20190607131809p:plain

RIGHT関数は、文字列の末尾から指定した文字数を抽出する場合に使用します。具体的な使い方について説明します。

 

【目次】

 

構文

構文は以下の様に書きます。 

RIGHT関数の記述方法

=======================================================================

=RIGHT([文字列入力セル][抽出文字数]

=======================================================================

[説明]:

[文字列入力セル]には抽出対象の文字列が入力されているセルを記述します。また、[抽出文字数]には末尾から抽出する文字数を記述します。関数を記述する場合は、最初に「=」(イコール)を記述します。内容を纏めると、「[文字列入力セル]で指定したセル内の文字列について、末尾から[抽出文字数]分を抽出して下さい。」との意味になります。

 

使い方

RIGHT関数の使い方について説明します。

【例題】:以下の表を元にRIGHT関数を使用し、A2セル~A5セルの各々のセルに入力されている文字列について、末尾から3文字を抽出してB2セル~B5セルに表示します。

f:id:m_kbou:20190607131826p:plain

(1)B2セルにRIGHT関数を入力するため、B2セルをダブルクリックします。
※セルをダブルクリックするとカーソルが点滅します。 

f:id:m_kbou:20190607131838p:plain

(2)今回はB2セルに文字数を表示させるため、B2セルに『=RIGHT(A2,3)』を入力します。
入力後に<Enter>キーを押下します。

f:id:m_kbou:20190607131851p:plain

[入力した数式の詳細内容]:

=RIGHT(A2,3)

※今回入力したRIGHT関数について説明します。今回はB2セルに抽出した文字を表示するためにB2セルにRIGHT関数を記述しました。「()」(カッコ)の中に記述されている最初の「A2」は、文字列が入力されているセルとなります。次の「3」は、文字列の末尾から抽出する文字数となります。よって、今回入力したRIGHT関数は、「A2セルに入力されている文字列の末尾から3文字をB2セルに表示して下さい。」との意味になります。

(3)文字がB2セルに表示されました。

f:id:m_kbou:20190607131908p:plain

(4)B3セル~B5セルにも同様の関数を設定するため、B2セルの情報をB5セルまでドラッグします。

f:id:m_kbou:20190607131922p:plain

(5)結果、B2セル~B5セルに抽出した文字がセットされました。

f:id:m_kbou:20190607131933p:plain

RIGHT関数を使用した文字を抽出する方法についての説明は以上です。

 

おわりに

今回は、RIGHT関数を使用した文字列の末尾から指定した文字数を抽出する使い方について説明しました。類似の関数にLEFT関数MID関数があります。こちらも合わせて覚えてもらうと、データ処理の幅が広がります。