まさ工房

ExcelVBAとAcessDBを利用した業務支援ツールを作成する工房です

【フリーソフト】簡易的に線材使用量を予測できる無料で使えるツールを紹介します。(線材使用量算出ツール)

       f:id:m_kbou:20190607163510p:plain

線材使用量を予測する「線材使用量算出ツール」を紹介します。概要は、線材使用量マスタ(以下①)を作成しておき、顧客からの受注情報を入力(以下②)する事で、自動で使用量を算出(以下③)すると言った内容になります。具体的な使い方を書いておきますので、使用したいとの要望があれば、問い合わせフォームより問い合わせ下さい。 

       f:id:m_kbou:20190328124948p:plain

 

【目次】

 

構築環境

・Excel2016(画面)
・Access2016(DB)

 

画面イメージ

今回作成した画面は以下内容です。

f:id:m_kbou:20190328125150p:plain

 

使い方

このツールの具体的な使い方について説明します。

(1)ツールを起動すると、線材使用量算出画面が表示されます。

f:id:m_kbou:20190328125237p:plain

(2)まず最初に、線材使用量マスタを作成する為、『使用量マスタ』ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20190328125321p:plain

(3)線材使用量マスタ画面が開きます。

f:id:m_kbou:20190328125406p:plain

(4)型式・線材コード・@使用量・備考欄にマスタ登録情報を入力します。

f:id:m_kbou:20190328125441p:plain

(5)『チェック』ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20190328125512p:plain

(6)”チェックOKです。”のメッセージが表示されるので、『OK』ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20190328130839p:plain

(7)『保存』ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20190328125619p:plain

(8)”保存しました。”のメッセージが表示されるので、『OK』ボタンをクリックします。
※これにより、線材使用量マスタへの情報登録が完了した事になります。

f:id:m_kbou:20190328125700p:plain

(9)次に、顧客からの受注情報を登録する為、『投入』ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20190328125732p:plain

(10)投入データ画面が開きます。

f:id:m_kbou:20190328125802p:plain

(11)受注を受ける型式及び数量を入力します。

f:id:m_kbou:20190328125840p:plain

(12)『登録』ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20190328125910p:plain

(13)”登録しました。”のメッセージが表示されるので、『OK』ボタンをクリックします。
※これにより、顧客からの受注情報を登録した事になります。

f:id:m_kbou:20190328125948p:plain

(14)最後に、上記で登録した線材使用量マスタ情報((1)~(8))と顧客受注情報((9)~(13))との突合せにより、展開・集計結果を表示します。
『展開結果』ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20190328130028p:plain

(15)展開結果及び集計結果が表示されます。
※この結果が、顧客受注情報を元にした必要線材使用量となります。

f:id:m_kbou:20190328130104p:plain

使い方の説明は以上です。

 

おわりに

読者さんから「ExcelVBA(マクロ)でこんなツールを作って欲しい!」のお題を募集しています。繰り返し作業や面倒・手間な作業の改善案があれば、気軽に依頼してもらえると嬉しいです。お待ちしています。