まさ工房

ExcelVBAとAcessDBを利用した業務支援ツールを作成する工房です

【フリーソフト】発注状況の確認ができる無料で使えるツールを紹介します。(発注残データ確認ツール)

       f:id:m_kbou:20190610081145p:plain

発注状況の確認ができる「発注残データ確認ツール」を紹介します。概要は、他のシステム(例:SAP等)で作成された発注残データをAccessDBに取り込み、その取り込んだデータに対し、発注の状況(進度状況)を判別・表示させます。納期や要期に対して遅れているのか?予定通りなのか?等の状況表示を行うと言う内容です。具体的な内容を以下に書いておきますので、使用したいとの事であれば、問い合わせフォームより問い合わせをお願いします。

 

                 f:id:m_kbou:20190315081218p:plain

 

【目次】

 

構築環境

・Excel2016(画面)
・Access2016(DB)

 

画面イメージ

今回作成した画面は以下内容です。

f:id:m_kbou:20190315081340p:plain

 

使い方

このツールの具体的な使い方について説明します。
※SAP→AccessDBへの取り込みが完了している事を前提に説明します。

(1)画面上部に検索ボタンが幾つか用意してあり、検索条件が登録されています。
(検索ボタン:部門・工務担当・購入担当・作番・最上位作番・注番・取引先・図番)
※例えば『部門』ボタンをクリックすると、発注残データより対象部門のデータが抽出できる様にしてあります。
(今回は『部門』ボタンをクリックした場合で説明します)

f:id:m_kbou:20190315081440p:plain

(2)『部門』ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20190315081512p:plain

(3)部門検索画面が開くので、『部門E』ボタンをクリックします。
(今回は部門Eをクリックした場合で説明します)

f:id:m_kbou:20190315081549p:plain

(4)処理が完了すると処理時間が表示されるので、『OK』ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20190315081616p:plain

(5)判定結果が判定列(A列)に表示されます。
(発注品が予定通り入荷された・遅れている・問い合わせしたが未回答等の判定グラグが表示される)

f:id:m_kbou:20190315081653p:plain

(6)その他、備考の追記をする事も可能です。
備考欄(Q列)に備考情報を入力し、『保存』ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20190315081730p:plain

(7)処理が完了すると”保存しました。”のメッセージと処理時間が表示されるので、『OK』ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20190315081758p:plain

使い方の説明は以上です。

 

おわりに

読者さんから「ExcelVBA(マクロ)でこんなツールを作って欲しい!」のお題を募集しています。繰り返し作業や面倒・手間な作業の改善案があれば、気軽に依頼してもらえると嬉しいです。お待ちしています。