まさ工房

ExcelVBAとAcessDBを利用した業務支援ツールを作成する工房です

【Excelマクロ・VBA】セル範囲に名前を付ける(Nama)方法を教えて!

       f:id:m_kbou:20190820074620p:plain

指定したセル範囲に名前を付ける方法について説明します。セル範囲に名前を付けるとセル範囲を直接参照先にする事ができます。何度も同じ範囲を指定する場合は、予め名前を付けておくとプログラミングの簡素化になります。

 

【目次】

 

構文

記述方法は、以下の通りとなります。

=======================================================================

Range(”[セル範囲]”).Name = ”[セル範囲名称]

=======================================================================

[説明]:

[セル範囲]には、名前を設定したいセル範囲を記述します。[セル範囲]は「”」(ダブルクォーテーション)で囲みます。指定した[セル範囲]に名前を付けるには、Nameプロパティを記述します。また、[セル範囲名称]には[セル範囲]で指定したセル範囲に付ける名前を記述します。[セル範囲名称]も[セル範囲]同様に「”」(ダブルクォーテーション)で囲みます。内容を纏めると、「[セル範囲]で指定したセル範囲に[セル範囲名称]で指定した名称を付けて下さい。」との意味になります。

[記述例]:

Range("A1:C3").Name = "メニュー"

 

使い方

使い方について、具体的に説明していきます。

セル範囲に名前を付ける方法

セル範囲に名前を付ける方法について説明します。

[記述例]:

※以下の記述例は、VBE(VBA記述画面)に記述しないと実行ができません。VBEの開き方については、VBEの開き方を参考にして下さい。

-------------------------------------------------

Sub サンプル()
    Range("A1:C3").Name = "メニュー"
    MsgBox "指定のセル範囲に名前を付けました。"
End Sub

-------------------------------------------------

内容は、「A1セル~C3セルの範囲に”メニュー”と言う名前を付けて、最後にMsgBoxで”指定のセル範囲に名前を付けました。”のメッセージを表示して下さい。」との意味になります。

[実行例]:

・初期表示

※A1セル~C3セルにデータが入力されています。

f:id:m_kbou:20190820074641p:plain

・実行後

※A1セル~C3セルのセル範囲に”メニュー”と言う名前を付け、”指定のセル範囲に名前を付けました。”のメッセージが表示されます。

f:id:m_kbou:20190820074656p:plain

セル範囲に名前を付ける方法についての説明は以上です。

 

名前を付けたセル範囲を選択する方法

名前を付けたセル範囲を選択する方法について説明します。

[記述例]:

※以下の記述例は、VBE(VBA記述画面)に記述しないと実行ができません。VBEの開き方については、VBEの開き方を参考にして下さい。

-------------------------------------------------

Sub サンプル()
    Range("メニュー").Select
    MsgBox "名前を付けた指定セル範囲を選択しました。"
End Sub

-------------------------------------------------

内容は、「名前を付けたセル範囲:”メニュー”を選択し、最後にMsgBoxで”名前を付けた指定セル範囲を選択しました。”のメッセージを表示して下さい。」との意味になります。(上記のセル範囲に名前を付ける方法で、A1セル~C3セルの範囲に”メニュー”と言う名前が付けられている事を前提として実行します)

[実行例]:

・初期表示

※A1セル~C3セルにデータが入力されています。

f:id:m_kbou:20190820074641p:plain

・実行後

※名前を付けたセル範囲:”メニュー”が選択され、”名前を付けた指定セル範囲を選択しました。”のメッセージが表示されます。

f:id:m_kbou:20190820074715p:plain

名前を付けたセル範囲を選択する方法についての説明は以上です。

  

おわりに

今回は、セル範囲に名前を付ける方法について説明しました。名前を付けると、対象範囲にデータ入力の有無に関係なく選択が可能になります。プログラミングの簡素化に役立ちますので、是非有効に活用して下さい。