まさ工房

ExcelVBAとAcessDBを利用した業務支援ツールを作成する工房です

【VBAフリーソフト】見積書を簡易的に作成できるツールを紹介します。(見積書作成支援ツール)

       f:id:m_kbou:20191031162834p:plain

見積書を簡易的に作成できる「見積書作成支援ツール」を紹介します。概要は、当ツールにて顧客要求に合う様に見積データを順次入力・保存(以下②)していきます。保存したデータはDB(以下①)に保管されます。見積内容が決定した時点で見積書作成(印刷)指示をする事で、見積書(以下③)が作成されると言う内容になります。具体的な使い方を書いておきますので、使用したいとの事であれば、下部リンクのダウンロードサイトVector)よりダウンロードにて使用して下さい。 

 

           f:id:m_kbou:20191031160006p:plain

 

【目次】

 

製作環境

・Excel2016(画面)
・Access2016(DB)

 

画面イメージ

今回作成した画面は以下内容です。

f:id:m_kbou:20191031160114p:plain

 

使い方

このツールの具体的な使い方について説明します。

(1)ツールを起動すると、メイン画面が表示されます。

f:id:m_kbou:20191031160203p:plain

(2)『見積計算』ボタンをクリックし、見積計算画面を表示します。

f:id:m_kbou:20191031160248p:plain

(3)見積計算画面が開くので、青枠内に見積データを順次入力していきます。
※入力する項目は以下内容です。
[基本情報]  [内訳詳細]
 注番    SEQ 
 品番    構成品番
 品名    構成品名
 来歴    単位
 取引先名  個数
 数量    単価
       種別
       備考

f:id:m_kbou:20191113094509p:plain

(4)データの入力が完了した後に『チェック』ボタンをクリックします。
※エラーがある場合にはエラーメッセージが表示され、エラーが無い場合には『保存』ボタンが表示されます。

f:id:m_kbou:20191031160445p:plain

(5)『保存』ボタンをクリックして見積データを保存します。

f:id:m_kbou:20191031160520p:plain

(6)”保存しました。”のメッセージが表示されれば、DBへ見積データが保存された事になります。

f:id:m_kbou:20191031160728p:plain

(7)次にメイン画面に戻り、『見積書作成』ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20191031160812p:plain

(8)見積書作成画面が開くので、『取り込み』ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20191031160842p:plain

(9)今まで登録した見積データが一覧で表示されます。

f:id:m_kbou:20191031160929p:plain

(10)見積書を作成したいデータに対するA列セルをダブルクリックします。
※対象セルをダブルクリックすると”●”がセルにセットされます。

f:id:m_kbou:20191031161009p:plain

(11)『見積書』ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20191031161055p:plain

(12)選択した見積データに対する見積書が表示されます。

f:id:m_kbou:20191031161138p:plain

(13)『印刷』ボタンをクリックします。

f:id:m_kbou:20191031161223p:plain

(14)見積書が印刷されます。

f:id:m_kbou:20191031161311p:plain

使い方の説明は以上です。

 

ダウンロード

上記ツールはダウンロードサイトVector)に登録してあります。

www.vector.co.jp

 

おわりに

上記内容についての質問があれば、問い合わせフォームよりお気軽に問い合わせ下さい。また、今回のツールに対する改修依頼や新規ツールの作成依頼等については、以下サイト(ココナラ)より依頼頂ければと思います。宜しくお願いします。

coconala.com